今すぐお金が必要!即日融資可能なカードローンまとめ

カードローン絞り込み検索リセット

 

  • 「急にお金が必要になった」
  • 「今日中にお金が必要」

という状況になった時、すぐにお金が調達できるカードローンは非常に重宝します。

 

現在様々なカードローンがありますが、今回は「すぐにお金を借りられる」という観点で即日融資が可能なカードローンを紹介するとともに、「どうしても今日中にお金が必要」という人が即日融資を実現するために、どのようにカードローンを申し込めばよいのかを紹介します。

 

 

即日融資が可能なカードローンとは?

 

現在、銀行、消費者金融系、信販会社系をはじめ様々なカードローンがあります。申し込んだその日に借り入れるためにはどのカードローンに申し込めばいいのかを解説します。

 

即日融資には消費者金融のカードローンがおすすめ

 

 

「どうしてもその日にお金を借りたい!」という人には大手消費者金融系のカードローンをおすすめします。

 

大手の消費者金融であれば、審査結果に問題がなければ申し込みから数時間程度でお金を借りることができるからです。


 

銀行のカードローンは即日融資に対応していません。銀行のカードローンは反社会勢力の排除という観点で2018年から即日融資を規制しています。

 

融資の申込者はいったん警察でデータベースに照会し、その上で融資が可能かどうかを判断するため、最短でも審査の結果は翌営業日となります。

 

中小消費者金融は即日融資が難しい

 

中小の消費者金融は即日融資を受けることが難しいので、即日融資を希望している人にはおすすめしません。

 

中小消費者金融は大手消費者金融ほど審査ルールが明確でなく、審査がフレキシブルなのですぐにお金を貸してくれるのでは?と思う人もいるかもしれません。しかしそれは誤った認識です。

 

即日融資可能な中小消費者も存在しますが非常に稀です。

 

中小消費者金融は申込者の属性(年齢や勤務状況、勤務先、勤続年数、家族構成など)だけではなく、様々な基準で柔軟な審査を行いますが、柔軟な分丁寧に行うので時間を費やす必要があるのです。

 

即日融資が可能なおすすめカードローン5選

 

即日融資可能なおすすめのカードローンを紹介します。まずは大手消費者金融のカードローンです。

 

CMでもおなじみの大手消費者金融はいずれも即日融資が可能です。融資のスピードという観点で各社を紹介します。

 

レイクALSA


レイクALSAの申込はこちら

 

レイクALSAは新生銀行グループの消費者金融です。

 

審査は最短15秒で結果が判明し、申し込んでから最短60分で融資が可能です。ただし21時まで(日曜日は18時まで)に契約の完了が必要ですのでご注意ください。

 

レイクALSAは審査がスピーディーなことに加え他の消費者金融より無利息期間が長いのもメリットです。

 

アコム


アコムの申込はこちらから

 

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融です。

 

消費者金融の中でも最も知名度が高く、「はじめてのアコム」というキャッチフレーズを聞いたことがない人はいないでしょう。消費者金融を初めて利用する人を対象としたサービスを用意しています。

 

アコムの審査は最短30分で完了し即日振込が可能です。土日含めた24時間365日融資申し込みが可能であり、提携ATM含め全国5万か所での利用できます。

 

プロミス

プロミス
プロミスの申込はこちらから

 

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名です。

 

最短15秒事前審査(※)が可能で、WEBからの申し込みであれば、最短10秒で振り込みが完了します。
プロミスは原則24時間最短10秒で振込が可能です。

 

プロミスは他社と比較すると上限金利が低いこと(17.8%、他社は18.0%)、申し込みの煩わしさを避けられることが特徴です。WEBでの申し込みを選択すると、審査、契約も全てWEBで完了ししかもカードレスでの利用が可能になります。

 

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

 

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットの申込はこちらから

 

SMBCグループの消費者金融です。

 

SMBCモビットの特徴は「WEB完結」です。

 

三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座を既に開設していて、運移転免許証、健康保険証などの本人確認書類をスマホで撮影して提出すれば審査が完了し、審査結果次第では即日銀行口座に振込まれます。

 

しかもWEB完結なら電話連絡なしです。カードローンの利用を職場の人に知られたくない、という人には最適です。

 

アイフル


アイフルの申込はこちらから

 

アイフルは大手消費者金融で唯一の独立系の消費者金融です。

 

独立系の強みを活かし、審査の意思決定が早さやフレキシブルな対応が可能なことが特徴です。

 

アイフルの審査は最短30分で完了し最短1時間での融資が可能です。さらに、「少しでも早くお金を借りたい」という希望者はWEBで申し込んだ後にフリーダイヤルに電話すれば、優先して審査を受けることができます。

 

アイフルは自社ATMをはじめ、スマホアプリを使用してセブン銀行のATM、提携銀行のATM、振込と希望に応じた方法での利用が可能です。

 

即日振込を希望する場合はどうすればいいの?

 

少しでも早く銀行口座に入金してほしいという人が即日融資可能なカードローンに申し込んでも、注意しないと即日振り込まれないかもしれません。

 

即日振込の流れや注意点を紹介します。

 

即日融資と即日振込の違い

 

即日融資だからと言って即日振込とは限りませんのでご注意ください。

 

「即日融資」は審査から融資まで即日で完了することですが、即日融資可能でも即日融資はATMやネットバンキングでしか利用できず、即日振込に対応していないカードローンもあるからです。

 

カードローンに申し込む時には即日振込に対応可能かどうかを事前にチェックしてください。

 

即日振込の流れ

 

カードローンの即日振込の流れを紹介します。即日振込を希望するのであれば電話や郵送よりもWEBでの申し込みが最もスピーディーに完了するのでおすすめです。

 

一般的に下記のような流れとなります。

 

スマホやパソコンでWEBからアクセス
       ↓
融資の申し込みフォームに記入。振込を希望しているのであれば入金口座を登録
       ↓
本人確認書類(運転免許証、健康保険など)をスマホなどで撮影し画像を送付
       ↓
スコアリング審査(年齢、年収、勤務先、勤続年数、ローンやクレジットの利用状況、住居の状況などを点数化し機械的に判断する審査)、職場への在籍確認
       ↓
融資の可否と利用限度額の通知
       ↓
審査がOKであれば会員専用ページのマイページにアクセスし融資を申し込み、振込まれるのを待つ

 

スコアリング審査の項目や審査に要する時間はそれぞれのカードローン会社や審査状況によって異なります。

 

即日振込を成功させるポイント

即日振込を希望するのであれば申し込みフォームの記載には細心の注意を払ってください。誤った情報を記載すると再審査となり時間がかかるからです。

 

また、即日融資を希望するのであれば必要最低限の希望額で申し込みましょう。申し込む金額が高ければ高いほど審査は慎重になり時間がかかります。

 

ちなみに、借入金額が50万円以上になると審査に時間がかかるうえに収入を証明する資料が必要になります。

 

即日発行が可能なクレジットカード

 

即日融資は消費者金融系のカードローンだけではなくキャッシング枠のあるクレジットカードでも可能です。

 

即日発行可能なクレジットカードを紹介します。

 

ACマスターカード


ACマスターカードの申込はこちら

 

アコムが発行しているクレジットカードです。

 

アコムのカードローンと同様に最短30分で審査が完了し、一部の自動契約機でのカードを受け取ることができます。

 

年会費無料でクレジットの利用限度額が300万円で、全世界のマスターカードの加盟店で使用可能です。カードローンとの合計利用限度額は800万円です。

 

セゾンカードインターナショナル

 

セゾングループのクレジットカードです。

 

セゾン系列のショッピングモール(パルコ、ららぽーとなど)で申し込んで審査に問題がなければその場でカードが発行され利用が可能になります。年会費は無料です。

 

審査は気軽に申し込め簡易に完了しますが、本人確認書類、引き落としの銀行の口座情報、銀行の届け出印鑑は必須なので申し込み時には忘れずにご持参ください。

 

エポスカード

 

丸井グループが運営しているクレジットカードです。

 

セゾンカード同様、サービス窓口で申し込み審査がOKであればその場でカードを手にすることができます。最短30分で審査が完了します。

 

エポスカードの特徴の一つにキャッシングは初回の利用日から30日間無利息、というサービスを提供していることがあげられます。キャッシングの上限金利は18.0%なのでかなりお得なサービスと言えるでしょう。

 

即日融資を受けたい人への注意点

 

いくら今すぐにお金が必要でも絶対借りてはいけない業者があります。それは違法な金融業者、いわゆる「闇金」です。

 

金融業者選びの注意点を紹介します。

 

違法な金融業者にはご注意を

 

現在貸金業法では上限金利や取り立てに関する行為や審査基準などを定めていますが、違法な金融業者はこれらのルールを無視して貸付と取り立てを行っています。

 

ついお金を借りてしまうと元金はすぐに返せない程の金額の利息となり、厳しい取り立てを受けます。通常の生活を送ることも元の生活に戻ることができなくなります。絶対にお金を借りないでください。

 

違法業者を見極める方法

 

利用を考えている貸金業者が違法かどうかを見極める方法を紹介します。いちばん確実なのは金融庁のホームページでその業者が登録しているかどうかを確認することです。

 

正規の金融業者であれば社名と登録番号が記載されています。

 

登録番号を確認するのは貸金業者のホームページではなく金融庁のホームページであることがポイントです。自社ホームページでは記載している登録番号が虚偽である可能性があるからです。

 

「審査なし」は違法

「審査なし・ブラックOK」と広告で謳っている貸金業者がありますが、これは違法業者です。

 

貸金業法では総量規制の観点で年収の1/3以上の貸付を行うことを禁止しています。審査なしで貸し付けると総量規制に抵触してしまう可能性があるので、貸金業者は審査を必ず行うのです。

 

「主婦・無職OK」は違法

「主婦や無職の人でも融資OK」という貸金業者は違法業者ですのでご注意ください。

 

貸金業法では貸付を行う対象者は「安定した収入がある人」と定めています。

 

 

正規の金融業者はたとえ配偶者が高額所得者でも働いていない主婦の人には貸し付けてはいけませんし(パートやアルバイトをしていればOK)、多くの収入があったとしても定期的な収入がなければお金を貸すことができないのです。


 

固定電話がなければ違法

融資の広告で携帯電話の番号しか記載していない貸金業者は違法業者です。

 

法律では貸金業を行う場合は固定電話を設置しなければいけないからです。

 

ただし、現在転送電話やレンタル電話などもあるので広告に記載している電話番号が固定電話でも違法業者ではないとは言えません。ご注意ください。